楽天スーパーセールでふるさと納税がさらにお得! 詳しくはこちら

ふるさと納税の寄付先「返礼品・自治体」の選び方|寄付前にチェックする事

ふるさと納税の寄付先の選び方
  • ふるさと納税をしたいけど、どうやって寄付する自治体や返礼品を探せばいいの?
  • 時間をかけずに効率よく探したいんだけどどうしたらいい?

そんな疑問をもつ方はぜひこの記事を読んでください。

その前に、ふるさと納税って何?基本的な仕組みを知りたい方はこちら

⇒ ふるさと納税の「仕組み」「やり方」を初めてorよくわからない人向けに徹底解説!

ふるさと納税をはじめたいけど、難しそう。ちょっと面倒くさい。と思う人は多いです。

その中でも「 返礼品 」や「 寄付する自治体 」を選ぶのが大変でやめてしまう人もいます。

めちゃくちゃもったいないです。

みなさんが得することができて、地域が元気になるふるさと納税をぜひはじめてほしいです。

そこでこの記事では下記の内容をお伝えしていきます。

この記事の内容

・ふるさと納税の寄付先のの選び方

・寄付先「返礼品・自治体・使い道」の探し方

・返礼品や自治体を選んで、寄付する前にチェックすること

選ぶのも楽しい

情報が沢山あって、どうしたらいいかわからない方のお役に立てると嬉しいです。

それでは早速行きましょう!

返礼品や自治体の探し方ではなくて、「 ふるさと納税ポータルサイト 」について詳しく知りたいという方はこちらをどうぞ。

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

目次

ふるさと納税の寄付先の選び方は3つ

寄付先の選び方

ふるさと納税の寄付先の選び方は下記の3つです。

  1. 返礼品で選ぶ
  2. 自治体で選ぶ
  3. 寄付金の使い道で選ぶ

それぞれ見ていきましょう!

返礼品で選ぶ

お米やお肉など返礼品で選ぶ方法です。

私もほとんど返礼品で選んでいます。

選ぶこと自体が楽しいからです。

しかし、数や種類の多くて選ぶのが ”大変すぎる” となってしまうことも多いです。

そんな時は、下記のポイントでどれを優先するか決めると、探しやすくなります。

  1. 必ず使う生活必需品(ティッシュ・おむつ・お米など)
  2. わくわくウキウキするもの(かわいいお皿、宿泊券など)
  3. 普段ちょっと高くて手が出ないもの(いいお肉、いいお菓子など)

私の場合は、1⇒2⇒3の順番で選んでバランスよく選ぶようにしてます。

返礼品の探す方法のおすすめは、

です。それぞれのやり方はあとでくわしく説明します。

すぐに読みたい方はこちら(記事の下に飛びます)

自治体で選ぶ

「 自分の故郷に寄付したい 」、「 応援したい地域がある 」

そんな人はその自治体が出している中から返礼品を選びます。

その場合は下記の方法で探します。

税金の行く先を納税者が決められるのはふるさと納税だけなので、

特定の自治体を応援したい場合はぜひ活用してください!

例えば、地方から高校卒業後に上京してきた人は
産まれてから、医療・教育・公共施設などなど生きる上で必要なサービスをその地域で受けています。
しかし、いざ働いて納税者の立場になったときは、東京にいます。
そういう人もふるさと納税を使えば故郷に、納税することができます!

寄付金の使い道で選ぶ

使い道から決めることもできます。

たとえば、熊本地震の時には熊本県と益城町が、ふるさと納税で寄付を募り、被災者の支援をしました。

詳細はこちら

募金などに比べて、寄付金が必要な人に直に早く届くので本当に素晴らしい制度と感じます。

特定の使い道に寄付したいと思ったらふるさと納税を思い出してくださいね。

たとえば、ふるさとチョイスでは使い道から選べる特集ページがあります。

ふるさとチョイス使い道から選ぶ
出典:ふるさとチョイス

また使い道から選ぶふるさと納税の方法として、「 クラウドファンディング型のふるさと納税 」もおすすめです。

クラウドファンディング型ふるさと納税

自治体が主体となり、寄付を募りたい目的・使い道を明確にし、目標金額をかかげて、そこに寄付をします。
寄付の限度額、手続きは通常のふるさと納税と同じです。

ふるさと納税のクラウドファンディングについての詳しい解説はこちら

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

まさに、「使い道」から選び、寄付をして、返礼品をもらう流れになります。。

地域の問題解決のお手伝いができちゃいます!

ふるさと納税の寄付先「返礼品・自治体・使い道」を探す方法

寄付先の探し方

前述の3つの寄付先の選び方「返礼品・自治体・使い道」をどのような方法で探すかについて見ていきます。

探す方法は、大きくわけて3つパターンがあります。

  • ふるさと納税ポータルサイトから探す
  • 自治体の公式サイトから探す
  • 個人のブログやSNSから探す

それぞれ説明していきます。

ふるさと納税専門(ポータル)サイトから探す

ふるさと納税の専門サイトは、返礼品や寄付したい自治体などが探しやすいように作られています。

ふるルンでは、おすすめの専門サイトを8つ紹介します。

好きなところを選んでOKですが、

普段使っているポイントが使えたり、キャンペーンがあったりそれぞれ特色があります。

扱っている返礼品・自治体の数も違います。

比較表を載せるので、タップして開いて確認してみてください。

ふるさと納税サイトの選び方や、もっと詳細で最新のキャンペーン情報などを知りたい方はこちらを参考にされてください。

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

今すぐ決めて、ふるさと納税したい!という人は次の表の3点の内容を確認しここだ!と思うところにしてください。

NO項目注目内容
返礼品・自治体の数1位 ふるさとチョイス (自治体25万・返礼品1,500)
2位 (自治体16万・返礼品800)
3位 (自治体15万・返礼品1,000)
ポイント制度・
キャンペーン内容
【ポイント還元】
・楽天ポイント  ⇒ 
・Pontaポイント ⇒ 
・ANAマイル   ⇒ 

【Amazonギフト券還元】
・ふるなび 
・ふるさとプレミアム
詳しくは後述のキャンペーン情報へ
サイトの特集などニコニコエール品 ⇒ ふるさとチョイス
災害支援寄付 ⇒ さとふる
家電の返礼品 ⇒ さとふる
etc

我が家は楽天ポイントをよく使うので、基本は「楽天ふるさと納税」を使っています!

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

自治体の公式サイトから探す

自分の故郷や、お気に入りの地域に寄付したい場合は自治体の公式サイトからも探すことができます。

例えば、「佐賀県上峰町 」であれば、

自治体が公式サイトを開設しています ⇒ 上峰町ふるさと納税オフィシャルサイト

ただし、このサイトは会員登録が必要です。毎年応援すると決めている人はいいかもしれません。

また自治体によっては扱っているふるさと納税サイトにリンクをはっていることもあります。

個人のブログやSNSから探す

膨大な量のふるさと納税の返礼品。

この中から自分に合ったものを探すのは大変です。

それも毎年毎年寄付できるので、口コミやSNSに乗っかって気楽に選ぶ方法もおすすめです。

例えば、

いくら。。。おいしそうー!

と思ったら即寄付を申し込もう! 

ベビーベッドももらえるんです!楽天だとポイントもすごいことに。

ベビー用品に興味を持たれた方はこちらもどうぞ。

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

そのほか知り合いや友人に教えてもらったものをマネしてみるのもすごくいいです。

調べる手間が省けるので。

ふるさと納税の申し込み前にチェックすること

ふるさと納税申し込み前チェックリスト

さて、探し方がわかり、寄付先を決めたら申し込みですが、

ポチッとする前に下記の点について確認してください!!(重要です)

返礼品の諸条件

返礼品についての情報を確認します。

  1. 必要な時までに届くか

返礼品やサイトによっては半年とか待つ場合もあります。

とくに必要な時がきまってるものは、発送日を確認しましょう。

発送日の確認は各申込み先(各サイト)へ。

発送日をきちんと管理したい人はさとふる(発送日確認)へ!

マイページでわかりやすく見られる上に発送が早いです。。

  1. 保管場所は確保できるか

きてみてびっくり、冷蔵庫に入りきらない!となると大変です。

量を想定して保管場所の確保しておきましょう。

でないとご近所さんに急遽配るみたいなことになります。

限度額におさまっているか

2,000円の自己負担で、ふるさと納税をするには寄付金の限度額があります。

それを超えると2,000円以上の負担になります。

またその寄付限度額はそれぞれ個人ごとに変わります。

たくさん寄付する前に確認しておきましょう。

限度額の確認は方法はこちら

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

手続きは確定申告orワンストップ特例制度?

税金の還付・控除をうけるには、「確定申告」か「ワンストップ特例制度の申請」が必要です。

違いやどちらを選べばいいかはこちらを参考にしてください。

それぞれ寄付して返礼品がきたあとの、やる事やその時期が違うのできちんと整理しておきましょう。

※リンクは文末に「本文内で紹介した記事」としてまとめてます

【まとめ】ふるさと納税の寄付先の選び方

沢山のルンルン

ふるさと納税の寄付先の選び方はたくさんあります。

1つに決めずにどんどんやってみてほしいです。

ただ、情報探しに疲れてふるさと納税をすること自体が嫌になってしまう場合は、深く考えずに

とサイトを決めてめぼしいものを選んでください。

まずはとにかく、ふるさと納税をはじめてほしいです。

なぜなら、ふるさと納税は唯一納税者が税金の使い道を決めることができる制度で

かつ、地域を活性化して日本を元気にできるものだからです。

Let’s ふるさと納税!

おわり

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ふるさと納税が大好きなウォッカです。
ウォッカは世界一幸せな動物と言われています。
子どもと一緒に喜んで幸せになれる返礼品をいつも探しています。

目次
閉じる