【2022年最新】楽天ふるさと納税のやり方をわかりやすく解説|不安を解決!

  • 楽天でふるさと納税やっても大丈夫?損しない?
  • 楽天ふるさと納税のやり方を分かりやすく教えて欲しい

そんな疑問や要望を持つ 方はぜひこの記事を読んでください。

その前に、ふるさと納税って何?基本的な仕組みを知りたい方はこちら。

⇒ ふるさと納税の「仕組み」「やり方」を初めてorよくわからない人向けに徹底解説!

ふるさと納税が「 初めて 」だったり「 楽天市場を使ったことがある人 」には、迷わず「 楽天ふるさと納税 」おすすめします。

手間なくはじめられて、ポイントが使えて、さらにたくさんたまるからです。

この記事のメインの内容は、楽天ふるさと納税をはじめてやる人向けのやり方ですが、その前に楽天ふるさと納税が初心者や楽天ユーザにおすすめな理由を解説します。

いやいや、やり方だけを確認したいんだよ~というかたはこちらのボタンからジャンプしてください。

\すぐに読みたい方はこちら/

記事の下に飛びます

この記事の内容
やらなきゃ損!

私も10年以上ふるさと納税をやっていますが、楽天ふるさと納税を中心に使い、なるべくポイントを使ったりためています。

楽天ふるさと納税のことは大体わかっている方で、セールを狙ってさらにお得にポイントをたくさんつける方法を知りたいかたはこちらの記事をご覧ください。

では、画像付きで丁寧に説明していきます!

じっくりどうぞ~

目次

楽天ふるさと納税を初めての人や初心者におすすめする理由

楽天ふるさと納税が初めての人におすすめな理由

ふるさと納税がはじめての方には、楽天でやることをおすすめします!

その理由は下記の3つです。

  1. 楽天を使ったことがある人は、手間なくはじめられる
  2. 楽天ポイントが使えるし、たくさんたまる
  3. 返礼品・自治体の取扱が多いので安心

それぞれ説明していきます。

楽天を使ったことがある人は、手間なくはじめられる

楽天会員の人はすでに個人情報の登録が完了しているため、

名前や住所など新たに情報を入力する必要がなく、手間がありません。

※楽天会員ではない人は、会員になる必要があります。

また、寄付の申し込みは、楽天市場で買い物をする時の手順とほぼ同じなので気軽にはじめられます。

実際の手順はのちほど説明します。

\すぐに読みたい方はこちら/

記事の下に飛びます

楽天ポイントが使えて、たくさんたまる 

楽天ふるさと納税の一番の魅力といってもいいですが、楽天市場の買い物と同じように寄付でも

ポイントが使えます

ポイントがたまります!

ふるルン

楽天を使っている人はやらない手はないですよー

ポイントは最大30%たまります!衝撃的な還元率です。

少しでも多くのポイントを貯める方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

⇒ 楽天ふるさと納税はスーパーセール・お買い物マラソンを狙え!最大30%還元

また、楽天でポイントを活用するには、があった方がいいです。ないと、ポイントが少ししかつかないので、楽天ふるさと納税をする前に用意しておきましょう。

\年会費無料&5000Pプレゼント/

返礼品・自治体の取扱が多いので安心

楽天ふるさと納税は2015年にオープンした歴史の浅いサイトです。そのため少し前までは取り扱う返礼品や自治体が少なくそこがデメリットでした。

しかし年々取り扱う数が増えて今では、取扱数でも一番多いサイトの一つになりました。

毎年どんどん増えているので、ますます安心して寄付することができます。

ふるルン

もっと他の商品があるかも。。と色々なサイトをめぐらなくてもよくなります 

は取り扱う返礼品や自治体が少ないは過去の話です。

こちらをご覧ください。

この中で返礼品数、自治体数のTOP3は、

ふるさとチョイス

です。

全国の自治体数は約1,700なので、「 楽天ふるさと納税 」は71%を網羅しています。

楽天ふるさと納税の自治体一覧はこちら(2021年6月27日現在 自治体数1,208)

それでも、すべての返礼品があるというわけではないです。

どうしても、もっと返礼品をチェックしたい場合は、ふるさとチョイスを見てください。

でも、初めての人はだけで十分に安心して探すことができます。

【初めての方向け】楽天ふるさと納税のやり方徹底解説

楽天ふるさと納税のやり方

実際に楽天ふるさと納税をやる手順を紹介します。

ふるさと納税をやる上では限度額を知ったり、寄付後の手続きはどうしても必要ですが、

それ以外は楽天市場で買い物するのと感覚的にはあまり変わりません

①寄付限度額を知る

ふるさと納税は、自己負担2,000円で自分が払う税金をいろいろな地域に寄付できる制度です。

ふるさと納税について知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

⇒ ふるさと納税制度の仕組みを超わかりやすく説明!2,000円負担とは?

しかし、自己負担2,000円にするためには、寄付金額を限度額内におさめる必要があります

限度額は、収入や家族構成などで変わります。

ざっくりでもいいので必ず確認しましょう。

楽天ふるさと納税では、限度額の確認ページで確認ができます。

詳しい解説が知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

⇒ ふるさと納税の限度額を知る方法を徹底解説

②キャンペーンにエントリーする

キャンペーンでエントリーが必要なものは申し込み前にしておきます。

※申し込み後でも期間中であればエントリー可能な場合あります。

最大30%までポイントのつく楽天ふるさと納税ですが、ポイントについて詳しく知りたい場合はこちら。

楽天市場のトップ画面に開催中のキャンペーンのバナーが出るので、該当のものをクリック。

楽天エントリー用バナー
楽天市場

お買い物マラソンについてはこちらの記事を参考にされてください。

⇒ 楽天ふるさと納税はスーパーセール・お買い物マラソンを狙え!最大30%還元

次の画面で「 エントリーする 」を選びます。
(ボタンをクリックするとエントリー済みに変わります)

キャンペーンエントリーボタン

ボタンをクリックするとエントリー済みに変わります。

キャンペーンエントリー済み

ちゃんとエントリーできてるかどうかは、エントリー履歴ページから確認できます。

キャンペーンに参加するには、が必要なものがあります。

③返礼品を選ぶ

サイトから、返礼品を選びます。

おすすめの選び方を紹介します。

  • ジャンルから探す
  • 商品名で検索する
  • 応援したい自治体から選ぶ

ジャンルから探す

には、ジャンルごとのページがあります。

例えば「ベビー用品でいいのないかな~」と思ったら、

メニューの(1)「ジャンルから探す」を選び、(2)「キッズ・ベビー・マタニティ」をクリックします。

楽天ふるさと納税ジャンルから選ぶ方法

ジャンルのページに商品(返礼品)が並ぶのでそこから選びます。

また、ジャンルごとのランキングから探すのもおすすめです。

メインメニューの(1)「人気ランキング」をクリックすると総合ランキングがでる(ここから選ぶのもよい)ので、

その中から(2)のプルダウンで好きなジャンルを選ぶとランキングが出るので、そこから返礼品を選びます。

楽天ふるさと納税ランキング使い方

商品名で検索する

例えば「 おしりふき」が欲しいときは、サイトの(1)検索窓に入力します。

楽天ふるさと納税の検索で探す方法

該当の商品(返礼品)が並ぶのでそこから選びます。

応援したい自治体から選ぶ

生まれ育った故郷など、特定の自治体に寄付したいときは、

メニューの(1)「地域から探す」を選び、該当の自治体を選びます。

(2)「 自治体名で絞り込む 」で直接入力して検索することもできます。

楽天ふるさと納税の地域検索

④申し込む

返礼品を選んだら申し込みをします。

例えば、返礼品として「 おしりふき 」を申し込む場合で解説します。

おしりふき

楽天市場のお買い物の画面とほぼ同じです。

違いとしては、下記のように、購入ボタンではなく「 寄付を申し込む 」ボタンとなっていることと、

事前に確認して選択する項目があることです。(返礼品により表示が違います)

楽天ふるさと納税寄付前確認画面

1の注文者情報は購入前の確認画面で確認・変更することができます。

2は寄付金を何に使うか選べます。

3では確定申告をせずにワンストップ特例制度を選ぶ場合は希望すると選びます。

どっちを選んでいいかわからない人はこちらの記事をどうぞ。

⇒ ふるさと納税の手続き【確定申告orワンストップ特例】とは。徹底解説

4寄付する自治体に住所がある人は返礼品がもらえないので注意してください。(寄付することは可能)

5は自治体の公式サイトに名前や寄付金額が載ってもいいか回答します。

続けて、寄付するボタンを押すと、注意書きが表示されます。(返礼品によっては出ない)

楽天市場に登録している注文者情報は住民票と同じにしてくださいと言っています。

※注文情報はこの先の購入手続き画面で確認・変更ができます。

楽天ふるさと納税の購入前注意書き

「内容に同意し買い物かごへすすむ」ボタンを押すと、買い物かごへ遷移し購入手続きができます。

楽天ふるさと納税の購入画面

ここに獲得予定ポイントがありますが、エントリーしていも反映されない分もあります。

たとえば0と5のつく日キャンペーンはすぐに反映されません。

このときも、最終的にはポイントはもっとついていました。

最終確認画面に「注文者情報」(赤枠)があるので、ここが、住民票と同じか確認します。

違っていたら変更します。

楽天ふるさと納税の購入前の最終確認

また、手続きのところでワンストップ特例制度を選んだ方は、情報の入力を求められることがあります。

ワンストップ特例制度の情報入力

⑤手続きをする

ふるさと納税で寄付したら「 確定申告 」か「 ワンストップ特例制度の申請 」のいずれかの手続きをします。

手続きをしないと、税金の還付・控除がされず、高い寄付をしただけになってしまいます。

確定申告は、翌年の2月中旬~3月中旬

ワンストップ特例制度は、翌年の1月10日までに申請書必着です。

詳しくはこちらの記事を参考にされてください。

⇒ ふるさと納税の手続き【確定申告orワンストップ特例】とは。徹底解説

楽天ふるさと納税の口コミ

楽天ふるさと納税の口コミ

楽天ふるさと納税はたくさんの人に利用されています。

ここでいくつかご紹介させていただきます

皆さん良い感じに使われてますね

楽天ふるさと納税、めちゃめちゃ楽しめるので皆さんもぜひやってみてください!

【初めての方向け】楽天ふるさと納税のメリットデメリットまとめ

楽天ふるさと納税のメリットとデメリット

ここで楽天ふるさと納税のメリットとデメリットをまとめます。

メリット

・楽天を使ったことがある人は、手間なくはじめられる

・楽天ポイントが使えるし、たくさんたまる

・返礼品・自治体の取扱が多いので安心

デメリット

・楽天会員にならなくてはならない

・すべての返礼品・自治体の取り扱いがあるわけではない

ふるさと納税が初めての人にとっては、メリットは強烈にありますが、デメリットはあまりありません。

ふるさと納税がなかなかはじめられていない方や、楽天市場を使ってるけどまだはじめられていない方は、ぜひ楽天ふるさと納税でチャレンジしてみてください

Let’s ふるさと納税!

おわり 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ふるさと納税が大好きなウォッカです。
ウォッカは世界一幸せな動物と言われています。
子どもと一緒に喜んで幸せになれる返礼品をいつも探しています。

目次
閉じる